自動車 エアバック

自動車のエアバックについて

自動車のエアバックは安全装置の一つです。
衝突などの事故でけがをする最大の原因の一つは、ハンドルやダストボックスに頭をぶつけてしまうケースです。
運転席のエアバックはハンドルに埋め込まれていて、事故などの衝撃により自動的に開くようになっています。
センサーがついていてある程度の大きさを感知すると自動的に運転者を守るシステムと言えます。

 

 

一方助手席側のエアバックは、ダストボックスの上に埋め込まれています。
こちらも同様にちょっとした衝撃では作動せず、事故などのある程度の大きな衝撃をセンサーが感知して
作動する仕組みとなっています。

 

 

この運転席と助手席の両方にエアバックが付いている車を、デュアルエアバック車といます。
最近の車のほとんどはこのデュアルエアバックとなっています。

 

 

エアバックが出てしまうと、その車はもう廃車となるしかありませんが
いざという時のあなたと助手席の同調者を守ってくれる大切な安全装置といえます。